相場の傾向を見抜くことができるインジケーター4選

当サイトでは様々なタイプのインジケーターをご紹介させていただいております。

その中でも今回はオススメの線系インジケーターについてお伝えさせていただきたいと思います。

線系のインジケーターはインジケーターの中でもメジャーな種類に入るもので、主にメイン画面上に表示されるものが多いです。

ですので、いろいろな場面で活用しやすいものだと思いますので是非参考にしていただければと思います。

 

 

線形インジケーター4選

 

インジケーター「Turtle Channel Method」

このインジケーターは、高値と安値を基準に相場の動きを追尾してくれるものとなっております。

高値と安値はトレーダーにおいてエントリーの基準にしたり、利確・損切りを決めたりするポイントであり、そのポイントに対して線を引いてくれるものとなっているので、利確ライン・損切りラインとして利用することができたり、ブレイクアウトなどの先方も利用することができます。

ただ、純粋に高値と安値をとらえて線を引いてくれるものとなっているので、一度相場が乱れてしまうとしばらくの間利用できなくなってしまう場合があるので注意が必要です。

 

インジケーター「Turtle Channel Method」

http://members1.work/2019/01/31/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%8cturtle-channel-method%e3%80%8d/

 

 

インジケーター「Slope Direction Line」

このインジケーターは、相場の傾向に合わせて色を変えてくれるものとなっております。

このインジケーター単体ではパラボリックSARや他の傾向の切り替わるタイミングのインジケーターの方が性能はいいのですが、このインジケーターの特徴してあるのが、移動平均線のような線となっていることです。

移動平均線は相場の流れだけでなく、複数本表示してパーフェクトオーダーや線のクロスを狙ったエントリーなどにも利用すると思うのですが、そのような形でこのインジケーターも利用できるということが強みになります。

複数本このインジケーターを表示、色がすべて変わったタイミングでエントリーをするといった形で利用することで元々の性能以上のポテンシャルを発揮することができます。

 

インジケーター「Slope Direction Line」

http://members1.work/2018/10/05/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%8cslope-direction-line%e3%80%8d/

 

 

インジケーター「MaEnv 02B v3a」

このインジケーターは、複数の線を用いることで相場の流れを読むことができるインジケーターとなっております。

チャートは基本的にこのインジケーターの中心付近にいるのですが、トレンドが発生すると中心からずれ別の線の近くにチャートが向かいます。

そのずれをこのインジケーターは視覚的にトレーダーに伝えてくれるので、今後のある程度の動きと、チャートの乱れ具合を把握することができ、リスク回避や、エントリーポイントの示唆などに利用することができます。

 

インジケーター「MaEnv 02B v3a」

http://members1.work/2018/04/01/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%8cmaenv-02b-v3a%e3%80%8d/

 

 

インジケーター「guppy multiple moving averages」

このインジケーターは、二つの束で相場の強さや状態を見抜くことができるものとなっております。

二つの束はともにトレンドが発生した際に広がるようになっており、その広がりの大きさを活用することでトレンドの強さや相場の乱れを判別することができます。

さらに、二つの束がクロスしたタイミングなどには移動平均線のように活用することもできます。

 

インジケーター「guppy multiple moving averages」

http://members1.work/2018/01/08/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%8cguppy-multiple-moving-averages%e3%80%8d/

 

 

線形インジケーターを利用する上での注意点

 

線系のインジケーターは汎用性が高く、様々な場面で利用することができます。

傾向分析を行ったり、利確・損切りポイントを決めたり、トレンドの強さを見たりと利用方法は様々ですが、少し注意しておかなければならないことがあります。

それは、トレンドなどが発生した後の復帰が遅いということです。

移動平均線をイメージしていただければわかりやすいと思うのですが、例えば、上昇傾向に対して大きなトレンドが発生したとします。

一度大きなトレンドが発生すると移動平均線はそれを踏まえたうえで計算を行うので当然上昇傾向に線が向かいます。

ですが、そのあとに下降トレンドが発生したとします

すると、移動平均線は上昇トレンドの時のデータが残っているので下降トレンドに反応することができず、使い物にならなくなります。

このような形で、線形は過去のデータに左右されやすいので利用する際は、注意が必要です。

インジケーターの導入方法

投資初心者の方にオススメ

FXの学び舎

「FXの学び舎」では、初心者からFXを「最速」で開始することができるようなFXをするまでの流れを具体的に説明させていただいたものとなっております。 FXをスタートするまではもちろんのこと特別なインジケーターを活用し取引までも学ぶことができるのもこのコンテンツの特徴となっております。

BO救済バイブル

BO救済バイブルでは、「バイナリーオプションで挫折してしまった・・・」という人を救済するべく作成させていただいたものとなっており、 バイナリーオプションの知識に加え、どのようにバイナリーオプションでインジケーターを活用するのかなどを学ぶことができます。

インジケーターから投資を学びたい方

インジケーター相場予想

「インジケーター相場予報」では、インジケーター目線からその日の相場を事細かに分析し、お伝えさせていただいているYoutubeチャンネルになります。 相場分析を行うことに特化したカスタムインジケーター無料で手に入れることができますので是非活用していただければと思います。

トレーダーズドリル

「トレーダーズドリル」では、FXでよく利用される手法やパターンを過去の相場の動きから読み取り、 問題形式でトレード手法をマスターすることができるようなコンテンツとなっております。 FXやBOの基本的なパターンを覚えることができるのでトレード初心者にオススメです。

本格的にインジケーターを活用したい方

マスターインジケーターズ

「マスターインジケーターズ」では、すでにインジケーターだけでも取引を行えるような 本格的なインジケーター無料で手に入れることができるようなコンテンツとなっております。 一つ一つが商品にしてもおかしくないようなクオリティとなっておりますので、 インジケーターの組み合わせに悩んだときはこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?

教科書シリーズ

教科書シリーズで「インジケーターから学ぶ」ということをコンセプトに、実際に結果を出しているインジケーターから トレードを学ぶことができる教科書をご提供させていただいております。 初心者向けから上級者向けの教科書を取り揃えており、本格的に投資を行っていきたい方にオススメです。

インジケーター活用して取引するならここがオススメ!!

第一位 XM
世界196カ国に展開している海外業者で、日本でNo.1の人気を誇る証券会社です。 業界トップレベルの約定力とレバレッジが888倍までかけることができるなど豊富な機能を取り揃えていることで有名です。
第二位 HotForex(ホットフォレックス)
日本ではあまり知られていないが優秀なサービスを提供している証券会社 海外では高い評価を得ており、最大レバレッジが1000倍という部分も魅力の一つ。 少し前までは日本語対応が十分ではなかったのですが、現在では十分なサポート体制がそろっている
第三位 Titan FX(タイタン FX)
スキャルピング、自動売買に適切な環境を整えてくれている証券会社。 トレードを行う環境はもちろん、24時間体制のサポートや低スプレッドであることも魅力です。 低スプレッドでハイレバレッジでのスキャルピングを行うのであればオススメ。

Author: bizitore

あなたにあったビジネスを提供することを目的に様々なジャンルのビジネスを紹介したいと思っております。 あなたのビジネスを見つける手助けになるようなサイトを作りたいと思いますのでよろしくお願いします。