FXのマーチンゲール法やナンピンってぶっちゃけ勝てるの??

投資を勉強していると必ずと言っていいほど目にするものがあると思います。

それは、

「マーチンゲール法やナンピンをすれば投資に勝つことができるのではないか?」

ということを。

元々これらの手法はギャンブルで利用される必勝法のようなもので、それを投資に応用することで「勝ち続けることができるのではないか?」と一度は考えたことがあると思います。

今回はこのマーチンゲール法やナンピンが本当に投資に利用することができるのかについてご説明させて頂ければと思っております。

 

 

マーチンゲール法・ナンピンとは ?

まずはじめにマーチンゲール法とナンピンについてご説明のほうさせて頂ければと思っております。

 

マーチンゲール法とは、カジノのルーレットなどで利用される方法なのですが、1回目の掛け金を2回目では倍にして3回目ではさらに倍にするといったような形で倍々送り返し勝つまでお金をかけることで勝った時に今まで負けたすべて取り返すことができるような方法のことを言います。

 

この方法は理論上軍資金が無限にあれば勝ち続けることができるとされていて、実際にカジノではこの方法を使ってカジノ側を苦しめたこともありました。

 

魅力的に見えるこの方法ですが、大きな弱点があり、それは負けてしまった時に全てを失ってしまうということです。

 

マーチンゲール法は基本的に倍々を送り返していくので、負ければ負けるほど金額が増えてしまい、 ひどい方では資産をすべて溶かしてしまうということもあります。

 

ですので、この方法は攻略法とは言われていますがかなりリスクを伴う方法ともなっています。

 

次にナンピンですが、ナンピンとは投資をしていて持っているポジションと逆の動きをした際に、相場が戻ることを予想しさらに追加でエントリーを行うことを言います。

 

相場の価格は基本的に上下するような動きを見せており、その上下の動きに合わせてナンピンを行うことで理論上負けにくい投資を行うことができるとされています。

 

この方法もマーチンゲール法と同じように資産が無限にあれば理論上勝つことができるとされています。

 

ですがマーチンゲール法でもご説明させていただいたように、一度負けてしまうと多額の負債を抱えてしまう可能性があり、かなりリスクを取った方法でもあります。

 

これら二つは、よくネットでも「勝てる方法」「必勝法」といったような形でご紹介されることがあるのですが、実際のところはどうなっているのかについて次に書かせていただきたいと思います。

 

 

ぶっちゃけマーチンゲール法・ナンピンは勝つことができるのか?

最初に結論から書かせて頂きますと、マーチンゲール法やナンピンだけで投資に勝つことはできます。

 

ただその条件として資産が無限にあるという条件付きです。

 

資産を無限に持っている人なんてこの世の中にいないと思います。

 

ですので理論上は勝つことは出来るのですが、現実的に見ると勝つことができないと思います。

 

さらに、これらの方法にはもう一つ弱点があり、それは1回の投資の勝ち金が少ないということです。

 

これらの方法を行なって取引を行う際は、1回目のエントリーで買ったか勝ち金が基準となっているので、10回連続負けて次に買ったとしても、帰ってくる金額は1回目の勝ち金ほどです。

 

1回目の勝ち金のためにこれほどの資産を投じて取引を行うのは非常にリスクがあることです。

 

なので、やれば勝率自体は上がると思いますが、一度の負けで全てを失う可能性もありなおかつ精神的なダメージもかなり大きなものになってきますので、トレードに対して恐怖を感じてしまうこともあります。

 

なので基本的にこの方法を利用してのエントリーというのはオススメはしないのですが、しっかりとしたロジックを組んだ上では非常に有効的な方法にはなります。

 

次にその事についてご説明のほうさせて頂ければと思っております。

 

 

マーチンゲール法・ナンピンを活用した取引手法の考察

これらふたつの方法は、資金を失う以外は非常に優秀です。

勝率も9割以上でし、いつでもどこでもエントリーを行うことが可能ですし、さらには自動化をすることも可能です。

資金をすべて失ってしまう可能性があるというのはかなりのハイリスクなことではあるのですが、それ以外の部分では優秀なところもありこのことを応用させることで取引の勝率を上げることができます。

 

その方法というのが、マーチンゲール法やナンピンを無限に行うのではなくて、回数を儲けしっかりとしたロジックの中に入れ込むことです。

 

例えば、自分がチャンスと思っていた相場が来た時に、少し不安要素がありエントリーを控えている時に最初のエントリーを仕掛けておいて相場が逆に動いた時に対して1度ナンピンを行うといったような明確なルールの下でこの二つを利用することができれば非常に有効な手段になります。

 

また別の使い方としては、日本証券が行なっている積立 FX のようなある一定期間で同じ方向に投資を行ってポジションを長期放置するといったようなやり方があるのですが、このやり方を参考 スワップポイントが取れる方向に対して一定期間でナンピンを繰り返し、ポジションの収支を安定的に保ちつつスワップポイントで収益を上げていくといったような形でも活用することができます。

 

これらは、あくまでも一例ではあるのですが、この二つの考え方的にはかなりの可能性を秘めているものだと思います。

 

ですので、今のロジックに加えてこのような手法も混ぜることで全体的な勝率を高めることができ収益にもつながっていくと思います。

 

なので、「マーチンゲール法だから」「ナンピンだから」といったような偏見でこの二つを見てしまうと、大きな可能性を見過ごすことになってしまうこともありますので、もし安定してトレードに勝つことができないと言うのであればこういった可能性にも触れてみてはいかがでしょうか。

インジケーターの導入方法

投資初心者の方にオススメ

FXの学び舎

「FXの学び舎」では、初心者からFXを「最速」で開始することができるようなFXをするまでの流れを具体的に説明させていただいたものとなっております。 FXをスタートするまではもちろんのこと特別なインジケーターを活用し取引までも学ぶことができるのもこのコンテンツの特徴となっております。

BO救済バイブル

BO救済バイブルでは、「バイナリーオプションで挫折してしまった・・・」という人を救済するべく作成させていただいたものとなっており、 バイナリーオプションの知識に加え、どのようにバイナリーオプションでインジケーターを活用するのかなどを学ぶことができます。

インジケーターから投資を学びたい方

インジケーター相場予想

「インジケーター相場予報」では、インジケーター目線からその日の相場を事細かに分析し、お伝えさせていただいているYoutubeチャンネルになります。 相場分析を行うことに特化したカスタムインジケーター無料で手に入れることができますので是非活用していただければと思います。

トレーダーズドリル

「トレーダーズドリル」では、FXでよく利用される手法やパターンを過去の相場の動きから読み取り、 問題形式でトレード手法をマスターすることができるようなコンテンツとなっております。 FXやBOの基本的なパターンを覚えることができるのでトレード初心者にオススメです。

本格的にインジケーターを活用したい方

マスターインジケーターズ

「マスターインジケーターズ」では、すでにインジケーターだけでも取引を行えるような 本格的なインジケーター無料で手に入れることができるようなコンテンツとなっております。 一つ一つが商品にしてもおかしくないようなクオリティとなっておりますので、 インジケーターの組み合わせに悩んだときはこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?

教科書シリーズ

教科書シリーズで「インジケーターから学ぶ」ということをコンセプトに、実際に結果を出しているインジケーターから トレードを学ぶことができる教科書をご提供させていただいております。 初心者向けから上級者向けの教科書を取り揃えており、本格的に投資を行っていきたい方にオススメです。

インジケーター活用して取引するならここがオススメ!!

第一位 XM
世界196カ国に展開している海外業者で、日本でNo.1の人気を誇る証券会社です。 業界トップレベルの約定力とレバレッジが888倍までかけることができるなど豊富な機能を取り揃えていることで有名です。
第二位 HotForex(ホットフォレックス)
日本ではあまり知られていないが優秀なサービスを提供している証券会社 海外では高い評価を得ており、最大レバレッジが1000倍という部分も魅力の一つ。 少し前までは日本語対応が十分ではなかったのですが、現在では十分なサポート体制がそろっている
第三位 Titan FX(タイタン FX)
スキャルピング、自動売買に適切な環境を整えてくれている証券会社。 トレードを行う環境はもちろん、24時間体制のサポートや低スプレッドであることも魅力です。 低スプレッドでハイレバレッジでのスキャルピングを行うのであればオススメ。

Author: bizitore

あなたにあったビジネスを提供することを目的に様々なジャンルのビジネスを紹介したいと思っております。 あなたのビジネスを見つける手助けになるようなサイトを作りたいと思いますのでよろしくお願いします。