【負けを減らせる!?】初心者こそインジケーターを利用した方がいい理由

よくインジケーターを活用しようと考えている人の中に

「インジケーターを活用する前に知識をつけたほうがいい」

と思われる方がいらっしゃると思います。

確かにインジケーターを活用する上である程度の事前知識がなければロジックを組むことができないですし、何をどのようにすればインジケーターを活用することができるかということが分からないと思います。

ですが、実のところをインジケーターは初心者のうちにこそ活用するべきものなのです。

今回はそのことについて書かせていただきたいと思います。

 

 

インジケーターは初心者こそ使うべき!?

インジケーターの基本的な考え方としてあるのがトレードをサポートするために作られているということです。

よくネットや本などを見るとインジケーターを活用したロジックなどが紹介されていると思うのですがこれはあくまでもインジケーターを利用して分かりやすくしているだけなのです。

初心者の考え方としてあるのが

 

「 ロジックがなければインジケーターも活用することができない」

 

ということだと思うのですが、これは大きな間違いです。

インジケーターには様々な種類があり、ロジックを確立する上で利用できるものだったり、相場の状態を分析してくれてトレーダーに伝えてくれるようなものもあります。

ここら辺のインジケーターは、ある程度知識がある人が利用することが多いです。

ですがインジケーターの中には、他にも様々な機能を持ったものがあります。

その中でも初心者に是非利用していただきたいものとしてあるのが、利確や損切りを行うことができるようなインジケーターです。

このようなインジケーターを活用することで初心者のうちからトレードをすることができ、なおかつ大きな損失を無くすことができます。

インジケーターの良いところとして、インジケーターには感情がないので決められたことであれば正確に表示をしてくれます。

ですので、よく大負けしてしまうトレーダーの共通としてある損切りができないというデメリット無くすことができます。

投資の世界において利益を取っていくのも大切ですが、損をどれほど最小に抑えていくことができるかも大切になってきます。

さらには、サイン系のインジケーターや相場の状態などを把握するインジケーターを活用することで何も知識がないうちからトレード感覚を身に付けることができるので、いち早く投資をマスターすることができます。

こういったインジケーターはネット上にも数多くありますし、当サイトにおいてもご紹介させていただいております。

ですので、もし早く投資を覚えたいと思っているかは、その投資に対する知識を身につけるよりも、いち早く相場に触れて相場感覚を養った方が投資をマスターすることができると思います。

 

 

初心者にオススメのインジケーター

上記で 初心者のうちからインジケーターを活用したほうがいいという風に書かせていただきましたが、ではどのようなインジケーターを使うべきなのかということについて書かせていただければと思っております。

初心者のうちに利用した方がいいインジケーターとしてあるのが

 

・損切り・利確を明確にしてくれるもの

・エントリーポイントの示唆

・傾向分析が行えるもの

 

などで、この3種類をまず始めに利用することをオススメしております。

 

損切り・利確を明確にしてくれるもの

損切り・利確を明確にしてくれるものというのは、チャート上に線を引いてくれてある程度のポイントを教えてくれるようなインジケーターのことです。

このインジケーターがあることで、簡単ではあるのですが資産管理を行うことができ、さらには大きな損をなくすことができます。

投資で最も大切なことは損小利大をどのように作り出していくのかという部分です。

この部分を明確にロジック化することができればある程度の収益というものは出すことができると思います。

ですが、この部分が一番難しく、なおかつ、人間の感情が最も入りやすい部分でもあります。

よくネットやテレビなので投資をして大負けをしてしまったという人はこの部分が正確にできていないからこそなっています。

ですので初心者のうちからこの感覚を身につけるためにも、何も知識がない家から損小利大の考え方が無意識に身につくようにこのタイプのインジケーターを利用することをお勧めしております。

 

エントリーポイントの示唆

エントリーポイントの示唆を行ってくれるようなインジケーターは、文字通りある程度のエントリーポイントを教えてくれるようなインジケーターのことです。

このタイプのインジケーターを活用することで何も知識がないうちからある程度のエントリーポイントを把握することができるようになります。

さらに、インジケーターでエントリーポイントの示唆を行うことで、どのようなところが勝負どころになるのかということを学びながら利用することができます。

トレードを最短でマスターする上でもこのエントリーポイントの示唆を行ってくれるインジケーターは必須になってくると思います。

 

傾向分析が行えるもの

傾向分析を行ってくれるインジケーターとはどのようなものかと言いますと、文字通り相場の状態や傾向を予想することができるようなインジケーターのことを言います。

上記に書かせていただいた二つはトレードを行う上で必ず必要になってくる知識ではあるのですがこの知識は必ず必要というわけではありません。

ですが、今後トレードを行っていく上では必ず必要になってくる知識になりますので、始めのうちからこの傾向分析の知識というものをマスターしておくことをおすすめしております。

他にも覚えなければならないことというものはたくさんあるのですが、最初の全く知識のないうちにトレードを行っていく上ではこの三つが必ず必要になってくると思いますので、ぜひ参考にしていただければと思っております。

 

 

インジケーターを利用する上での行っていただきたいこと

インジケーターを利用する上でいくつか行なっていただきたいことがあります。

この事を知らずにインジケーターを活用してしまうと、大きなリスクを伴う可能性があります。

ですので最初のうちは 守ることをお勧めします。

そのやっていただきたいことというのが

 

・相場が乱れていないことを確認する

・インジケーターが正常に稼働していることを確認する

 

この二つです。

この二つを初めに確認せずにインジケーターを利用してしまうとリスクを伴う危険性がありますので取引を行う前に確認することをお勧めします。

 

相場が乱れていないことを確認する

 

相場が乱れていないというは、相場はその時々によってトレンド相場と呼ばれるような状態とレンジ相場と呼ばれるような状態に分かれます。

 

トレンド相場は値動きが大きな状態のことを示しており、この状態の時にインジケーターを活用してしまうと、インジケーターの計算が乱れていることが多く、適切でないデータが表示されることがあります。

 

この状態でインジケーターを活用してしまうと負けてしまうリスクを高めてしまうので、相場の見た目で大きな乱れがないことを確認したほうがいいです。

 

一方レンジ相場とは、トレンド相場とは逆で値動きがあまりない状態のことを指しており基本的にこの状態の時にインジケータが見られることというのは少ないのですが、全く値動きがないときなどにインジケーターが見られることがあり、その状態で活用してしまうと正常に機能していない可能性があります。

 

ですので、初心者のうちにインジケーターを活用して取引を行う場合は、ある程度安定した相場状態になっていることを確認した上で利用することをお勧めします。

 

インジケーターが正常に稼働していることを確認する

 

インジケーターを使っていると、種類によっては大きくインジケーターが乱れる時があります。

これは、インジケーターを稼働させているチャートが乱れている可能性があり 、この状態で活用すると正確なデータが表示されない事が多々あります。

このような現象は滅多に起きないのですが、起きた時にリスクとなってしまいますので、普段使っているインジケーターの動きと違う動きをした時は一度チャートを再起動して利用することをお勧めします。

 

この二つのことを取引を始めた段階から身につけておくことで、今後どのようなことがあったとしてもインジケーターを活用することができるようになります。

 

最後に

インジケーターを活用することは最初のうちは少し抵抗があると思います。

それは何も知識がない状態でインジケーターを信じてエントリーを行っていいのかという部分があるからだと思います。

ですが、結論から言いますと初心者のうちからするとインジケーターの方がトレードが上手です。

初心者のうちはトレードの中に感情が混ざりやすく、その日の収支をその日に取り返そうとしたり、負けた時にさらに倍額をかけてしまったりといったような形で自ら取引ルールを破ってしまうことが多々あります。

ですがインジケーターには感情がなく、なおかつ損小利大のトレードインジケーター的に確立することができれば、初心者よりもインジケーターの方から優秀な取引を行うことができます。

ただインジケーターにも弱点もあり、それは相場が乱れた時などに自ら修正することができないので、見られたままのデータで取引を行ってしまうという点です。

 

ですので、真の意味でインジケーターだけで勝ち続けることというものは難しいのですが、インジケーターとトレーダーの自己裁量というものを加えるもので、インジケーターのミスをなくすことができたり、逆にトレーダーのミスもインジケーターがカバーすることができます。

 

このようにしていくことで勝ち続けられるトレーナーになることができるようになると思いますので、是非インジケーターの方をうまく活用していただければなと思っております。

インジケーターの導入方法

投資初心者の方にオススメ

FXの学び舎

「FXの学び舎」では、初心者からFXを「最速」で開始することができるようなFXをするまでの流れを具体的に説明させていただいたものとなっております。 FXをスタートするまではもちろんのこと特別なインジケーターを活用し取引までも学ぶことができるのもこのコンテンツの特徴となっております。

BO救済バイブル

BO救済バイブルでは、「バイナリーオプションで挫折してしまった・・・」という人を救済するべく作成させていただいたものとなっており、 バイナリーオプションの知識に加え、どのようにバイナリーオプションでインジケーターを活用するのかなどを学ぶことができます。

インジケーターから投資を学びたい方

インジケーター相場予想

「インジケーター相場予報」では、インジケーター目線からその日の相場を事細かに分析し、お伝えさせていただいているYoutubeチャンネルになります。 相場分析を行うことに特化したカスタムインジケーター無料で手に入れることができますので是非活用していただければと思います。

トレーダーズドリル

「トレーダーズドリル」では、FXでよく利用される手法やパターンを過去の相場の動きから読み取り、 問題形式でトレード手法をマスターすることができるようなコンテンツとなっております。 FXやBOの基本的なパターンを覚えることができるのでトレード初心者にオススメです。

本格的にインジケーターを活用したい方

マスターインジケーターズ

「マスターインジケーターズ」では、すでにインジケーターだけでも取引を行えるような 本格的なインジケーター無料で手に入れることができるようなコンテンツとなっております。 一つ一つが商品にしてもおかしくないようなクオリティとなっておりますので、 インジケーターの組み合わせに悩んだときはこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?

教科書シリーズ

教科書シリーズで「インジケーターから学ぶ」ということをコンセプトに、実際に結果を出しているインジケーターから トレードを学ぶことができる教科書をご提供させていただいております。 初心者向けから上級者向けの教科書を取り揃えており、本格的に投資を行っていきたい方にオススメです。

インジケーター活用して取引するならここがオススメ!!

第一位 XM
世界196カ国に展開している海外業者で、日本でNo.1の人気を誇る証券会社です。 業界トップレベルの約定力とレバレッジが888倍までかけることができるなど豊富な機能を取り揃えていることで有名です。
第二位 HotForex(ホットフォレックス)
日本ではあまり知られていないが優秀なサービスを提供している証券会社 海外では高い評価を得ており、最大レバレッジが1000倍という部分も魅力の一つ。 少し前までは日本語対応が十分ではなかったのですが、現在では十分なサポート体制がそろっている
第三位 Titan FX(タイタン FX)
スキャルピング、自動売買に適切な環境を整えてくれている証券会社。 トレードを行う環境はもちろん、24時間体制のサポートや低スプレッドであることも魅力です。 低スプレッドでハイレバレッジでのスキャルピングを行うのであればオススメ。

Author: bizitore

あなたにあったビジネスを提供することを目的に様々なジャンルのビジネスを紹介したいと思っております。 あなたのビジネスを見つける手助けになるようなサイトを作りたいと思いますのでよろしくお願いします。