MT4インジケーターのプロが教えるインジケーター活用法

世の中には様々な種類のインジケーターが存在しています 。

 

数あるインジケーターの中から自分に合ったものを選択しそれをロジックの中に取り入れることで取引を行っています

 

ですが多くのトレーダーたちがインジケーターを活用しきれていない状況にあります 

 

その理由としてあるのがインジケーターの数が多く、本質を理解してせずに利用している方が多いためにこのような現状になっております

 

ここでは年間700以上のインジケーターを見てきたプロがインジケーターの活用法についてご説明させていただければと思っております。

 

 

インジケーターの事前知識

インジケーターの活用法をご説明させていただく前にインジケーターの基礎的な知識について少し書かせていただければと思っております。

 

基礎的な知識を知らずに応用的なことをやろうと思ってもなかなかうまくいかないことが多いので是非知識として持っていただければと思っております。

 

まず始めに、インジケーターというものがどういうものかご存知でしょうか?

 

インジケーターは 証券会社が提供しているチャートと呼ばれるようなものに搭載されている相場を分析するためのツールのことを言います。

 

基本的にインジケーターは証券会社が提供するチャートに搭載されており、その中からご自身のロジックにあったインジケーターを選択して利用するといったような流れとなっております。

 

代表的なインジケーターとしましては移動平均線、ボリンジャーバンド、 MACD などが挙げられます。

 

多くのトレーダーはこのようなインジケーターを活用して取引を行っているのですが実はこのインジケーター以外にも便利なインジケーターは存在しております。

 

それはカスタムインジケーターと呼ばれるもので、カスタムインジケーターはインジケーターを改造したようなものとなっており、例えば、移動平均線の線がクロスするタイミングでアラート機能をつけたり、ボリンジャーバンドに価格が触れた時に対してアラート機能をつけたりといったような形で通常のインジケーターをさらに便利にしたようなものがこのようなものになっております。

 

他にも文字や記号でトレーナーに相場の情報を伝えてくれたり、複数の時間足をひとつの時間足にまとめて表示することができたりと、標準に搭載されているインジケーターではできないようなことをカスタムインジケーターでは行うことができます。

 

ですので、まず初めに事前知識としてインジケーターには、 証券会社が提供しているインジケーターにプラスしてカスタムインジケーターと呼ばれるようなものがあるということをおぼえていただければと思っております。

 

 

インジケーターの計算方法

インジケーターを利用する際によく勘違いされてる方がいらっしゃるのですが、例えばパラボリック SAR のようなインジケーターを活用する時に相場の傾向が切り替わったら自動的に表示されると思っておられる方がいらっしゃると思います。

 

この考え方は間違いではないのですが、正確に言いますと傾向が切り替わったからインジケーターが切り替わったのではなく、ローソク足がある一定の水準を超えたからインジケーターが切り替わったのです。

 

ですので、相場のローソク足に大きな乱れがあった際にそのローソク足をデータとして取り込み計算して表示するので、傾向が切り替わっていない状態でも傾向が切り替わったと判断して表示されることがあります。

 

このように表示されたインジケーターを頼りにトレードを行ってしまうと大きな損失に繋がってしまいます。

 

これはパラボリック SAR に限ったことではなくインジケーター全体に言えることであってインジケーターは基本的に相場の過去のデータをもとにチャートに表示するような仕様になっているので、過去のデータが見られてしまうとインジケーター自体も乱れてしまうことになります。

 

このインジケーターの計算方法を知らずに利用してしまうと、傾向が切り替わっていないにもかかわらず傾向が切り替わったと判断されたり、エントリーポイントの示唆が出たと言ってエントリーを行ったとしてもそこはエントリーポイントではなかったということがあります。

 

ですのでまずインジケーターを利用したいとお考えになっている方は、利用するインジケーターがどのような計算方法によって表示されているのかを一度確認しておく必要があります。

 

 

インジケーター活用法

少し前置きが長くなりましたがインジケーターの活用法について書いていこうと思います。

 

まずはインジケーターの誤解を解きたいと思います。

 

インジケーターは基本的にある分野に特化していて、その分野を極めたようなイメージだと思っていただければと思っております。

 

例えば、プロゴルファーであればゴルフを極めている、サッカー選手であればサッカーを極めているといったイメージを持っていただけると分かりやすいと思います。

 

そのようなものがインジケーターなのですが、多くのトレーダーがひとつのインジケーターに対して複数の役割を与えてしまっています。

 

例えば パラボリック SAR を傾向の切り替わるタイミングをとらえるものだけではなくてエントリーポイントの示唆に利用したり、ボリンジャーバンドを 相場の流れを見るものではなく線にタッチしたからといって逆張りのエントリーをしかけるといったような活用の仕方をしている人がいます。

 

このような活用の仕方をしてしまうと、本来インジケーターが持っている性能とは別の性能になってしまうので誤差が生じてしまいます。

 

この誤差がトレードにおいては非常に大きくスキャルピングなどの短期エントリーを行う方にとっては致命的なミスとなることがあります。

 

このようにインジケーターは一つの事に特化しているだけであって他のことは考えられていません。

 

そのインジケーターに対して複数の役割を持たせるということはトレードに誤差を生み出します。

 

ですので、まず考えとしてもっていただきたいのは、インジケーターにはそのインジケーターの役割があってそれ以上のことはできないということを理解しておく必要があります。

 

 それを踏まえた上でインジケーターを活用することで大きくトレードが変化します。

 

例えば、パラボリック SAR にプラスしてエントリーポイントの示唆を行ってくれるサイン系のインジケーターを組み合わせて活用することで、パラボリック SAR の傾向分析にプラスして サイン型のエントリーポイントを組み合わせることができるので互いの精度を高めることができます。

 

ボリンジャーバンドを活用するのであれば、ボリンジャーバンドの相場の流れを把握するに加えて移動平均線などの相場の平均値を出してくれるインジケーターを合わせることでより正確に傾向分析を行うことができます。

 

こういった形でインジケーターは一つでは一つの役割しか行うことができないのですが、ひとつの弱点に対してその弱点に特化したインジケーターを組み合わせることで互いの性能を高めて利用することができます。

 

このような考え方を持った上でインジケーターを活用することでトレードの質を大きく変化させることができます。

 

 

最後に

 

よくインジケーターに可能性を求めている人がいるのですが、インジケーターは基本的にはその与えられた役割しか行うことができずそれ以外のことは何もできません。

 

なのでよくインジケーターを組み合わせてエントリーポイントを見つけるといったような形でインジケーターを利用している方がおられるのですが、このようなやり方を続けているといつか相場に変化が出た時に対応することができなくなってしまいます。

 

そのような事にならないためにもご自身のロジックにあったインジケーターを そのロジック専用に作っていくということが非常に大切になってきます。

 

そうすることで相場が時代とともに変化したとしても多少の変更によってすぐにその時代の相場に対応することができます。

 

これを一度確立することができれば一生利用することができるようなインジケーターというものを生み出すことができると思いますのでぜひ参考にしていただければと思っております。

インジケーターの導入方法

投資初心者の方にオススメ

FXの学び舎

「FXの学び舎」では、初心者からFXを「最速」で開始することができるようなFXをするまでの流れを具体的に説明させていただいたものとなっております。 FXをスタートするまではもちろんのこと特別なインジケーターを活用し取引までも学ぶことができるのもこのコンテンツの特徴となっております。

BO救済バイブル

BO救済バイブルでは、「バイナリーオプションで挫折してしまった・・・」という人を救済するべく作成させていただいたものとなっており、 バイナリーオプションの知識に加え、どのようにバイナリーオプションでインジケーターを活用するのかなどを学ぶことができます。

インジケーターから投資を学びたい方

インジケーター相場予想

「インジケーター相場予報」では、インジケーター目線からその日の相場を事細かに分析し、お伝えさせていただいているYoutubeチャンネルになります。 相場分析を行うことに特化したカスタムインジケーター無料で手に入れることができますので是非活用していただければと思います。

トレーダーズドリル

「トレーダーズドリル」では、FXでよく利用される手法やパターンを過去の相場の動きから読み取り、 問題形式でトレード手法をマスターすることができるようなコンテンツとなっております。 FXやBOの基本的なパターンを覚えることができるのでトレード初心者にオススメです。

本格的にインジケーターを活用したい方

マスターインジケーターズ

「マスターインジケーターズ」では、すでにインジケーターだけでも取引を行えるような 本格的なインジケーター無料で手に入れることができるようなコンテンツとなっております。 一つ一つが商品にしてもおかしくないようなクオリティとなっておりますので、 インジケーターの組み合わせに悩んだときはこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?

教科書シリーズ

教科書シリーズで「インジケーターから学ぶ」ということをコンセプトに、実際に結果を出しているインジケーターから トレードを学ぶことができる教科書をご提供させていただいております。 初心者向けから上級者向けの教科書を取り揃えており、本格的に投資を行っていきたい方にオススメです。

インジケーター活用して取引するならここがオススメ!!

第一位 XM
世界196カ国に展開している海外業者で、日本でNo.1の人気を誇る証券会社です。 業界トップレベルの約定力とレバレッジが888倍までかけることができるなど豊富な機能を取り揃えていることで有名です。
第二位 HotForex(ホットフォレックス)
日本ではあまり知られていないが優秀なサービスを提供している証券会社 海外では高い評価を得ており、最大レバレッジが1000倍という部分も魅力の一つ。 少し前までは日本語対応が十分ではなかったのですが、現在では十分なサポート体制がそろっている
第三位 Titan FX(タイタン FX)
スキャルピング、自動売買に適切な環境を整えてくれている証券会社。 トレードを行う環境はもちろん、24時間体制のサポートや低スプレッドであることも魅力です。 低スプレッドでハイレバレッジでのスキャルピングを行うのであればオススメ。

Author: bizitore

あなたにあったビジネスを提供することを目的に様々なジャンルのビジネスを紹介したいと思っております。 あなたのビジネスを見つける手助けになるようなサイトを作りたいと思いますのでよろしくお願いします。